受講スケジュール ホリスティックアロマアカデミー by ミセスヒロコ

 

精油とハーブのプロフィール事典

 

クレイを使った愛犬の外耳ケア 

  • 2017.05.22 Monday
  • 18:45

JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフト★レシピ村通信」

 

〜 クレイを使った愛犬の外耳ケア 〜

 

 

うちのわんこ、今年の4月で2歳になりました。

 

垂れ耳系のブリタニースパニエル(♂)です。
 

普段は元気いっぱいで何もいうところはないのですが、垂れ耳系わんこの宿命として耳の病気になりやすいのが難点です。

 

先代犬のラブラドールも垂れ耳ゆえに、よく耳の中をかゆがっていましたっけ。

 

風通しの良くない耳を持つわんこには、クレイケアを定番にしています。

 

今年も少し暖かくなったら、外耳炎を起こしてしまいました。

 

犬に対してのアロマセラピーはとても慎重に行う必要があります。

 

今回は静菌作用のあるグリーンクレイにホワイトクレイをブレンドし、それをベースにローズウッドの精油を1滴だけ加えました。

 

ローズウッド精油には抗真菌作用があり、耳のなかにいるマラセチアという真菌対策になります。

 

禁忌のほとんどない精油ですが、犬に対しては人間の5分の1の精油量で作っています。

 

 

用意するもの: ホワイトクレイ 大さじ4杯

 

        グリーンクレイ 大さじ1杯

 

        ローズウッド精油 1滴

 

        ジッパーバッグ 1枚

 

        パウダー容器 

 

 

作り方:ジッパーバッグにクレイを全量入れ、精油を滴下して、ジップしてから全体をよく振って精油を粉中に拡散させます。

 

 

パウダー容器には粉類が少しずつ出せる小さな穴がいくつも開いています。

 

クレイを手のひらに取り、耳のなかにパタパタとはたいてあげます。

 

クレイが余分な皮脂を吸着し、耳のなかを清潔に保ってくれます。

 

この時、わんちゃんが香りを嫌がっていないか、はたいた後の耳の様子はどうか、注意深く観察してあげましょう。

 

うちのわんこたちには、クレイの耳ケアはかなり良い結果が出ています。

 

獣医さんに行って外耳炎のお薬が必要なケースもありますから、クレイセラピーやアロマセラピーを過信せずに上手に使ってくださいね。

 

注意)犬に対して使えない刺激の強い精油もあるため、使用の際には必ず確認してから用いてください。

 

 

 

 





ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
暮らしに役立つハーブ☆ホームハーバリストコース

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

links

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM