受講スケジュール ホリスティックアロマアカデミー by ミセスヒロコ

 

精油とハーブのプロフィール事典

 

ウィッチヘーゼル・ウォーターのアストリンゼントの作り方

  • 2013.07.24 Wednesday
  • 20:08
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 ウィッチヘーゼル・ウォーターのアストリンゼントの作り方 〜

芳香蒸留水のシリーズのなかで、この「ウィッチヘーゼル・ウォーター」は他のアロマ・ウォーター類とは異なり、エタノールが14%含まれているため使い心地はさっぱりとCOOLです。

そのままでもアストリンゼントとして使うことが出来ますが、エタノールの刺激感が気になる方は、他のアロマ・ウォーターとブレンドすると使いやすくなります。

夏のお肌を清潔に保てるように、コットンに浸して軽くパッティング。

ウィッチヘーゼルは別名を「ハマメリス」(アメリカマンサク)と言って、よく化粧品に「ハマメリス水」「ハマメリスエキス」として表記されているのを見かけます。

安全性の高い伝統的なハーブ・ウォーターのひとつです。

抗炎症作用、抗菌作用、収斂作用があり、ニキビ肌や脂性肌に適していて、毛穴の開きをひきしめ、ニキビの炎症を穏やかに治癒すると言われています。

アメリカでのインディアンたちはウィッチ・ヘーゼルの樹皮を煎じたエキスを、血止めや腫れに使っていたそうです。

ウィッチヘーゼルのエキスには収斂性のあるタンニン成分が多く含まれていて、無色透明で独特の香りがします。

手に取ってみると、ほんのりとどこか懐かしい草のような香りです。

エタノールを含むため他のアロマ・ウォーターに比べ1年以上日持ちします。





用意するもの: ウィッチヘーゼル・ウォーター 30ml

        ジャーマン・カモミールウォーター 20ml

        ローションボトル 50ml用 1本


道具: ビーカーマドラー


作り方: 

ウィッチヘーゼル・ウォーターとジャーマンカモミール・ウォーターをブレンドします。

ブレンドするアロマ・ウォーターはお好みでかまいません。


そのままお顔や身体にぱしゃっと!

もしくはコットンに浸して軽くパッティング。

汗でべたついた身体もさっぱり!

スキッとする使用感は男性にも向いています。 

近年夏場の温度がものすごく上がったせいもあり、汗の臭い対策に気を配る方が増えてきました。

バッグのなかにこのローションとコットンを入れておくだけでいつでもさっぱりリフレッシュ〜。

お肌のべたつきが無くなるだけでも、気分はかなり上がります。 

注意! パッチテストをして異常がある場合やエタノールにアレルギーのある方は使用をお控えください。







 

ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
暮らしに役立つハーブ☆ホームハーバリストコース

 


 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

links

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM