ホリスティックアロマアカデミー 新着情報

 

精油とハーブのプロフィール事典

 

リチュアル・アロマバスで心とスピリットのリセットを行う

  • 2013.07.25 Thursday
  • 07:57
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」


〜 リチュアル・アロマバスで心とスピリットのリセットを行う 〜


満月や新月の夜にはぜひリチュアル・アロマバスで心をスピリットをリセットさせましょう。

リチュアルとは「儀式」の意。

聖なるお風呂に入ることで、日常のなかでたまってしまった心やスピリットの垢落としを行うものです。

英国の著名なアロマセラピスト、パトリシア・デーヴィスさんの書いたサトルアロマセラピーの本では、リチュアル・バスを「儀式的入浴」と訳していました。

リチュアル・アロマバスの場合、使う精油は「1滴」です。

アロマバスには通常5滴ほど使用するのですが、リチュアル・アロマバスの場合は、1滴で行います。

リチュアル・アロマバスの精油の選択は、効能ではなく「直感」でお選びください。

直感はあなたを「あちら側」にナビゲートしてくれる最もふさわしい使者です。






用意するもの: 直感でひきあてた精油ボトルからひとしずく



精神世界では、それぞれの植物にディーバという「精霊」が宿っていると伝えられています。

ディーバはそれぞれの植物の精霊であると同時に、植物全体としての存在であるのかもしれません。

各植物のディーバにコンタクトを取って、本日のリチュアル・バスのお伴をしてくれるようでしたら、ありがたく使わせてもらいましょう。

コンタクトと言っても難しく考える必要はありません。

深呼吸して心を落ち着け「今晩のリチュアル・バスのお伴をしてくれるボトルはどれ?」と精油ボトルたちにたずねてみましょう。

『私をどうぞ』 

と、伝えてくれる感覚のある精油ボトルがきっとある事でしょう。

精油が決まったら、心のなかでディーバに感謝を捧げ、お風呂に1滴垂らします。

よくかき混ぜて静かに心落ち着けながら、リチュアル・アロマバスを心ゆくまでお楽しみください。

瞑想のなかで植物の精霊がその時のあなたにとって「大切な何か」を伝えてくれるかもしれません。

そしてまた、お風呂からあがる時にもディーバに感謝を捧げてください。

こうしたスピリチュアルな「儀式」とは、特別なことではなく、日常の延長のなかにあるものと私は考えています。

ごく普通の生活のなかに取り入れてみることで、常に「あちら側」の世界とコンタクトが取れるようになります。

さあ、あなたも、ぜひ。

 



ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
霊性の調香と精霊のガイダンス、アロマゲートウェイ(R)コース

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

links

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM