ホリスティックアロマアカデミー 新着情報

 

精油とハーブのプロフィール事典

 

カスティル石けんで作る愛犬用シャンプーのレシピ

  • 2013.08.07 Wednesday
  • 00:59
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 カスティル石けんで作る愛犬用シャンプーのレシピ 〜

犬用シャンプーはいろんなシリーズが市販されていますが、実は人間用と違って薬事法の規制を受けることのない「雑貨」なんです。

‥ということは、、シャンプーのなかにどんな成分が入っているかは飼い主がよく確認し、
吟味してあげる必要があるという事。

洗浄成分は通常、界面活性剤ですが、どんな界面活性剤か(合成界面活性剤か石けんか)?

保存剤は使われているか?どんな保存剤か?

香料は使われているか?どんな香料か?

その他添加物は?何のために添加されているか?


犬用シャンプーのことを調べれば調べるほどに、ちゃんと見てあげなくちゃという気持ちになります。

カスチール石けんはオリーブ油から作られた石けんシャンプーですから、わんちゃんにとってかなり安心安全な部類に入ります。

保存剤も添加物も入っていません。

個体差もありますし、皮膚の状態にもよりますが、最も安全なシャンプーのひとつだと言えると思います。






用意するもの: カスチール石けん (カスティリア石けん) 10ml

        お水 40ml

        ドレッシング用容器


作り方: 

カスチール石けんをお水で5倍に希釈して、ドレッシング用容器に詰めます。

ドレッシング容器はわんちゃんを洗う時に使いやすいので、私はいつもこうして使っていました。

わんこの場合、あえて精油は入れなくてもいいです。

香りをつけたい場合は、お水の代わりにアロマ・ウォーターを使うのがおススメです。

精油を使うのならば、犬種にもよりますが、子犬や小型犬の場合、体重を考えれば人間に使うよりもごくごく低濃度にしなくてはいけません。

家で飼っていたのはラブラドールレトリバーで30kgありましたし、皮膚病もなく健康でしたから、たま〜にラベンダー精油やサンダルウッド精油などを非常に薄い希釈で使うこともありました。

わんちゃんも精油の香りが好きな子とそうでない子がいますから、反応を見て使ってあげましょう。

合成界面活性剤や化学物質の添加物は経皮毒となることがあるため、皮膚病の子にはこの石けんシャンプーを試してみる価値があると思います。

合成シャンプーを使い慣れていると最初は人間と同じで切り替え時にフケが出ることもありますが、じょじょに慣れてゆくと思います。

もちろん、個体によっては合わない場合もありますから様子を見ながら使ってあげてください。

必要があれば獣医師さんにもご相談を。




ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
霊性の調香と精霊のガイダンス、アロマゲートウェイ(R)コース

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

links

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM