受講スケジュール ホリスティックアロマアカデミー by ミセスヒロコ

 

精油とハーブのプロフィール事典

 

冬期限定レシピ★モノイ・ボディクリームで作るフローラル練り香

  • 2018.01.25 Thursday
  • 17:56

JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフト★レシピ村通信」

 

〜 冬期限定レシピ★モノイ・ボディクリームで作るフローラル練り香 〜

 

 

久しぶりのレシピ村です。

 

しばらく間が空いていたのは、クラフト基材そのものを見つめ直す心の旅に出ていたため。

 

より良いクラフト作りが出来る環境を求めて精油、基材ともども探すのにしばらく時間をかけていました。

 

おかげさまでいくつかの良質な基材を提供してくださるサプライヤーに出会えることが出来ましたし、

 

精油の方もこれまた素晴らしいメーカーに出会え、ますます充実の流れになりました。

 

やはりアロマクラフトは精油と基材の両方に恵まれることが大事です。

 

まずは、こちらのレシピ村にてアーティザンという精油メーカーのモノイ・ボディクリームをご紹介いたします。

 

モノイ・ボディクリームはタヒチアンガーデニアの花の芳香がココナッツオイルに溶けこんでいる天然のフローラルワックスです。

 

このワックスに他の花々の精油を加え、南国のお花が咲いている楽園をイメージしたフローラル練り香を作りました。

 

 

 

用意するもの:モノイ・ボディークリーム 8ml(溶けた状態で)

 

       ジャスミンアブソリュート精油 2滴

 

       ローズアブソリュート精油 2滴

 

       イランイラン精油 2滴

 

       練り香容器 ※画像はガラス製の蓋つき容器、雑貨屋さんで購入

 

 

道具:湯せん鍋、マドラー

 

作り方:

 

 .皀離ぁΕ椒妊ークリームを瓶ごと湯せんで溶かします。

 

◆´,陵呂韻燭發里鬟ラス容器に8ml分、移し替えます。

 

 △棒彩を加え、マドラーで混ぜます。

 

ぁ〆討嗄笋笋係任瓩童之舛砲覆辰燭藹侏莨紊り。取り出す時にはスパチュラを用いてください。

 

 

食品のココナッツオイルでおなじみになりましたがココナッツオイルの分留していないタイプは20℃以下では固まっています。

 

ですから、こちらの練り香レシピは気温の低い時期限定です。

 

モノイ・ボディクリームにはポリネシアに伝わる伝統的なタヒチアン・ガーデニアの天然香料がふんだんに含まれています。

 

現地ではMonoi de Tahiti(モノイ・ド・タヒチ)と呼ばれています。

 

寒い季節に南の島の花の香りを嗅ぐと、寒さで固まった心や身体が解放されるようです。

 

私が絶品と惚れこんだモノイ・ボディクリーム、本当に素晴らしい香りです。

 

楽園の香りとは、この香りのことを言うのかもしれません。

 

 

 

ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
暮らしに役立つハーブ☆ホームハーバリストコース

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

links

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM