ホリスティックアロマアカデミー 新着情報

 

精油とハーブのプロフィール事典

 

ミツバチからの贈り物で作るとろ〜り蜂蜜のリップ

  • 2016.03.20 Sunday
  • 11:11
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 ミツバチからの贈り物で作るとろ〜り蜂蜜のリップ 〜


4日間かけて夫とともに復興地・東北を旅してきました。

たくさんのダンプカーや作業員さんたちが行き交い、復興が進んでいるのが感じられました。

自然がいっぱい残っている素晴らしい土地には良いものがいっぱい発見できました。

久しぶりのレシピ村はミツロウとハチミツで作るとろ〜り甘いリップスティックのご紹介です。

ミツロウはミツバチのお腹にある腺から作り出されるロウ(ワックス)です。

はちみつはミツバチが口吻で吸い上げた花の蜜に酵素が加えられて蜂たちの食事になるものです。

これらの2つがミツバチからの贈り物だという事はたやすく理解出来ますが

実はスイートアーモンドオイルもオレンジスイート精油もミツバチからの贈り物なんです。

これらの樹はミツバチがいないと受粉出来ないため、ミツバチが存在しないとオイルも精油も得られません。

そうした意味ではこのレシピはすべて「ミツバチからの贈り物」になります。



用意するもの: 未精製ミツロウ 2g

        スイートアーモンドオイル 4ml

        はちみつ コスメスプーン2分の1

        オレンジスイート精油 1滴

        リップスティックケース 1本


道具:ガラスビーカーマドラー電子秤コスメスプーン、ガラスボウルもしくはエッセンシャルオイルウォーマー


作り方:

 .咫璽ーにミツロウとオイルを入れて湯せんもしくはエッセンシャルオイルウォーマーで溶かします。

◆´,溶けたら火から下ろし、ハチミツを加えてよく混ぜます。

 △棒彩を加えて混ぜ、スティックケースに流し入れます。

ぁ´が固まるまで待って出来上がり。※スティックを立てたまま冷蔵庫に入れておくと早く固まります。


スティックケースに流し入れた後、リップ中央に小さな穴が開く事があるため、ほんの少し残ったを
後から中央のへこみ部分に流し入れると画像のようにに仕上がります。

未精製ミツロウを使うとハニー色の仕上がりとなり、見た目も蜂蜜リップらしくなります。

唇にツヤを出し、皮脂腺がないため荒れやすい唇部分の乾燥も防いでくれます。

画像のハチミツは東北の道の駅で見つけた「りんごの蜂蜜」です。

りんごの花も蜂(ミツバチよりも小さいマメコバチ)たちが受粉のお手伝いをします。

蜂たちの恵みというテーマでアロマクラフトをするのも楽しいかもしれませんね。
 




ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
霊性の調香と精霊のガイダンス、アロマゲートウェイ(R)コース



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

links

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM