ホリスティックアロマアカデミー 新着情報

 

精油とハーブのプロフィール事典

 

エルダーフラワー浸出液で作るボディミルク

  • 2015.01.28 Wednesday
  • 15:34
JUGEMテーマ:ハーブレシピ

ミセス・ヒロコの「アロマクラフト★ハーブレシピ村通信」

〜 エルダーフラワー浸出液で作るボディミルク 〜

まだ風は冷たいものの、もうすぐ春かなぁ‥と感じる季節になりました。

今日はハーブを使ったクラフトです。

エルダーフラワーのドライハーブを浸出液(ハーブ水)にして、そこに乳化ワックスとキサンタンガムを加えてボディミルクを作りました。

アロマクラフトを行ってゆくとハーブの素材がけっこうな頻度で登場します。

ハーブも広い意味ではアロマの基材となり得るものですから、新しく出来るハーバルコースと併せて、学習するとさらにアロマクラフトの世界が広がります。



用意するもの: エルダーフラワー浸剤 100ml 
      
        ※ティースプーン1杯のエルダーフラワーのドライハーブに熱湯120mlを注ぎ、浸出させてから漉します。

        乳化ワックス 3g

        キサンタンガム コスメスプーン0.5mlすりきり1杯

        天然保存剤GSE 5滴

        フランキンセンス精油 1滴 

        100ml用保存瓶 セラム瓶やプッシュポンプ式が便利です。


道具:電子レンジもしくは湯せん鍋、ビーカー、ガラスボウル、泡だて器ティーサーバー(ハーブ浸剤用)


作り方:

 .ラスボウルに乳化ワックスとエルダーフラワー浸剤を入れて、電子レンジもしくは湯せんにかけます。

◆‘化ワックスが完全に溶けたら、キサンタンガムを加え、泡だて器でよくかき混ぜながら冷まします。

 △謀形格歛減泙叛彩を加え、さらに混ぜます。


す〜っとお肌に優しく伸びるボディミルクの出来上がりです。

乳化ワックスのミルキー感に、キサンタンガムのとろみが加わって、とても使い心地が良いです。

乳化ワックスの量をもう少し増やすと、サラサラトロリ→トロリの質感まで自由自在です。

出来上がったボディミルクの色はいかにもエルダーフラワーらしいナチュラルで淡いイエローです。

ハーブのクラフトの良さには、香りもさることながら、ナチュラルそのものの色合いがあります。

エルダーフラワーのハーブにはお肌の細胞を蘇生させ、鎮静を行う作用があります。

ボディ、フェイス、そして髪の毛にもつけられる、コレ1本で全身ケア出来る重宝なローションです。

ハーブ浸剤で作るとかなり経済的なので惜しみなくた〜っぷりと使えます。

日持ちはあまりしないため、冬期以外は冷蔵庫保存して、2週間程度で使い切りましょう。


 


ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
霊性の調香と精霊のガイダンス、アロマゲートウェイ(R)コース

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

links

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM