ホリスティックアロマアカデミー 新着情報

 

精油とハーブのプロフィール事典

 

アロマ+重曹+クエン酸で作る排水溝の消臭剤

  • 2014.11.23 Sunday
  • 12:55
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 アロマ+重曹+クエン酸で作る排水溝の消臭剤 〜

横浜校のお掃除グッズをせっせと手作りしています。

気密性の高いマンションなのですが、排水溝の臭いが気になるという事はありません。

でも、やっぱり中までキレイにしておきたいです。

おトイレにはラベンダーバンドルを3つ束ねたものを英字新聞で巻いて置きました。

プロバンス産のドライラベンダーは香りがよいのでラベンダーの清楚な香りが漂います。

ラベンダー・トゥルーの精油とはまた異なる、乾燥ハーブの良い香りです。

ラベンダーバンドルと英字新聞は相性良しだろうな‥‥と、思っていたとおり、くるんでみるといい感じです。

実際こうして何かでくるまないと、バンドルから花穂部分がぽろぽろ落ちるんです。。kyu



用意するもの: 重曹  200g

        クエン酸  100g

        ガラス瓶(もしくはPET容器)

        抗菌作用のある精油 30滴 ※ティーツリーユーカリレモンペパーミント


道具:ジッパーバッグ、漏斗


作り方:

 .献奪僉璽丱奪阿里覆に重曹とクエン酸を入れて、精油を滴下します。

◆.丱奪阿慮を閉めて、精油のダマを袋の上から指でつぶして、バッグの中身をよく振り混ぜます。

 漏斗を使ってガラス瓶に詰めます。

おトイレや台所の排水溝に大さじ5〜10杯ほど振りかけて、水をつけたブラシでこすります。

バスボムと同じで発泡した状態になるので、そのまま2〜3時間放置して、その後にまたブラシでこすり、最後にお水で流します。

重曹とクエン酸の割合は2:1で。

アルカリ性、酸性の両方の汚れも落ちてスッキリします。

汚れや臭いの程度、排水溝の大きさによって使用量は調整してください。

雑貨屋さんでみつけておいたラベル入りのガラス瓶がアロマ消臭剤を入れておくのにぴったりでした。

写真だとわかりにくいのですがToiletwaterの文字が入っています。

英語でToiletwaterとはトイレ用の意ではなく、化粧水(もしくはトワレ、コロン)などの意味になります。

ラベルに「Lavender」の文字も入っていたので、シャープな香りのスパイクラベンダーを入れてみました。

(レシピ:スパイクラベンダー精油10滴、ティーツリースイート精油10滴、レモン精油10滴) 

年末の大掃除の際にもお役立てください。掃除


 


ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
霊性の調香と精霊のガイダンス、アロマゲートウェイ(R)コース

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

links

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM