ホリスティックアロマアカデミー 新着情報

 

精油とハーブのプロフィール事典

 

長袖の上からシュッ!アロマ蚊除けスプレー

  • 2014.09.04 Thursday
  • 20:18
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 長袖の上からシュッ!今の季節のアロマ蚊除けスプレー 〜

9月になったらめっきり涼しくなり、夏はどこに行っちゃったの?と、夏の名残を探したくなるほどです。

今年はデング熱感染の事があるため,今まで以上に蚊除け対策されている方も多いのではと思います。

涼しくなって長袖を着るようになった今の季節ならではの蚊除け対策として着衣の上からスプレーするアンチモスキートのアロマスプレーを作りました。



用意するもの: 無水エタノールもしくはリキッド・エマルジョン 5ml

        精製水 45ml

        レモングラス精油 10滴
 
        シトロネラ精油 10滴

        タイム精油 5滴

        パルマローザ精油 5滴

        スプレーボトル 50ml用


道具:ビーカーマドラー


作り方: 

 .┘織痢璽襪發靴はリキッド・エマルジョンに精油を滴下し混ぜます。

◆´,棒裟戎紊魏辰┐茲混ぜます。


エタノール、リキッド・エマルジョンともに精油の溶解性があるので、どちらを使っても精製水と混じり合わせることが出来ます。

虫除け作用のある精油が4種類、3%希釈濃度で入っています。

皮膚に直接だと刺激がありますから、洋服の上からスプレーして使います。

白いブラウスなどはシミになる可能性がありますから、暗めの色でお洗濯できるものを選んでいます。

蚊のいそうなところへ行くときには、何回も小まめにお洋服の上からスプレーして使います。

市販の虫除けスプレーの成分である合成ピレスロイドには劣るものの、エッセンシャルオイルの持つ蚊の忌避作用は実証されています。

感染予防には幼虫から殺虫退治するのが一番らしいのですが、成虫であっても精油による忌避作用は期待出来ます。

日本アロマテラピー学会編集の「アロマテラピー標準テキスト基礎編」には、有害蚊幼虫の致死効果のある精油と成虫への忌避効果のある精油一覧が掲載されています。

ご関心のある方はご一読ください。

なお、精油は揮発性のため、虫除けスプレーの使い方のポイントとして「1日に何度もスプレー」が欠かせません。

小さめ軽量のボトルに入れて、日光高温を避け、2週間ほどで使い切るなら遮光瓶でなくてもかまいません。

バッグなどに入れていつでもスプレー出来るようにしています。

気になる蚊除け対策のひとつの選択として、香りも爽やかな天然芳香成分のご提案です。


 


ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
霊性の調香と精霊のガイダンス、アロマゲートウェイ(R)コース

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

links

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM