ホリスティックアロマアカデミー 新着情報

 

精油とハーブのプロフィール事典

 

女優気分になれるパウダーフレグランス

  • 2013.11.05 Tuesday
  • 10:46
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 女優気分になれるパウダーフレグランス 〜

雑貨屋さんでとっても素敵な蓋つきのガラスのケースを見つけました。

これにパウダーフレグランスを入れたら素敵だろうな〜と思った瞬間に即購入。なるほど

家に帰ってきて眺めては、蓋を開けたり閉めたりして、どんな香りを入れようかな〜と考案します。

好きな事を仕事にすると、それなりにストレスもあったりするのですが、でも、こんな瞬間にはやはり好きな事が仕事である事は最大の幸せだなと感じますね。

今回はホワイトクレイとタルクを半量ずつ入れたパウダーにしました。

アロマセラピーの基材としてのパウダーには、クレイ、タルク、コーンスターチがありますが、コーンスターチのみ植物由来基材(トウモロコシ粉)で、クレイとタルクは鉱物由来基材になります。

タルク基材に関してアスベストの混入を心配する方もおりますが、現在の化粧用タルクはアスベストの混入のないものが使われていますから心配ありません。ファンデーションなどの化粧品にはよく使われている基材です。

昨今はタルクフリーの声が多く聞かれる事からタルクのショップ扱いを考慮していたのですが、コーンスターチホワイトクレイ、タルク、の3つをそれぞれ皮膚に乗せてみると、薄付きの綺麗さ、抜け感はやはりタルクが一番です。



用意するもの: ホワイトクレイ  大さじ1杯

        タルク 大さじ1杯

        ローズアブソリュート精油 3滴

        パチュリー精油 1滴

        フランキンセンス 2滴

        ゼラニウムブルボン精油 3滴

        蓋つきのガラスケース、パフ
                       

道具: ジッパー付ビニール袋 1枚、ガラスボウル、めん棒、計量スプーン


作り方:

 \彩はあらかじめブレンドしておきます。

◆.ラスボウルにホワイトクレイとタルクを入れ、ブレンドした精油を滴下し、めん棒で精油のダマをつぶすようにして混ぜます。

 △鬟咼法璽訛泙貌れて、振りながら全体をよく混ぜます。


タルクの代わりにホワイトクレイだけ、コーンスターチだけ、あるいはコーンスターチとホワイトクレイを半々ずつでも作ることが出来ます。

クレイやタルクは大さじ1杯に対して精油1〜3滴までが目安ですが「はたく香水」として仕上げるために、多めに入れました。

持続時間の長いベースノートを中心にした、やや強めの香りに仕上げたパウダーを胸元にはたくと‥気分は「女優」うっとり

タルクが入ることでクレイ単体で作るよりも明度が上がり、はたいたところが綺麗に見えます。

これでデコルテの開いたロングドレスなぞ着たらさぞ素敵だろ〜な〜と思える気分ですが、残念ながらそのようなドレスは持ってない‥

でも、気分だけは最高です花
 

 

 



ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
霊性の調香と精霊のガイダンス、アロマゲートウェイ(R)コース

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

links

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM