受講スケジュール ホリスティックアロマアカデミー by ミセスヒロコ

 

精油とハーブのプロフィール事典

 

いつもと香りを変えて‥ハンドソープ作り

  • 2015.05.15 Friday
  • 14:51
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 いつもと香りを変えて‥ハンドソープ作り 〜

アカデミーのお手洗いの壁紙を張り替えてリニューアルしたら、それまで使っていたソープボトルも変えたくなりました。

アロマクラフト好きの方のなかには「瓶好き」「容器フェチ」の方も多いと聞きます。

私も、ヒマさえあれば雑貨屋さんやサイトで瓶、瓶、容器、容器、ココロ魅かれる可愛い入れ物瓶‥ばかり探しています。

アロマクラフトでは精油を入れても変質しにくいガラス遮光瓶が最も推奨ではあるものの、いろいろ作っていると何となくそればかりでは詰まらないと思えてきます。

こちらのボトルはトロールというメーカーのABS樹脂製の泡ソープボトルです。

布製のタグが付いているところがシックです。

ABS樹脂はプラスチックになりますので、精油原液を入れるのには適しませんが、2.5%程度の希釈でしたら耐性はあります。

ティートリー精油などは精油瓶のプラスチック蓋を上から触るとベタついている事があります。

蓋部分はプラスチックですから、どうしても精油と反応してしまうので、このような事が起こります。




用意するもの: カスティルソープ 20ml

        精製水  80ml

        プチグレイン精油 10滴

        ゼラニウムローズ精油 10滴

        グレープフルーツ精油 10滴

        泡ソープボトル 


道具:100mlビーカーマドラー


作り方:カスティルソープに精油を滴下し、よく混ぜてから精製水を加えて希釈します。


洗面回りのハンドソープは、だいたいいつも抗菌が主で、ティートリー精油ペパーミント精油レモン精油、その他、タイム精油ニアウリ精油などついつい同じものになりやすいため、今回はちょっと気分を変えるついでに香りも変えてみました。

そもそもすべての精油には抗菌作用がありますから、特に抗菌系でなくても、抗菌出来るのです。

精油は原料植物自身がバクテリアや害虫から自分を守るために生み出しているものなので、抗菌性を持っています。

時々香りを変えると五感が刺激を受けて、新しいアイデアにもつながります。

香りは創造性を高めてくれる素敵なツールです。





ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース



 

ライムの香り アロマ・シェービングフォームの作り方

  • 2013.09.09 Monday
  • 15:52
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 ライムの香り アロマ・シェービングフォームの作り方 〜


男性のひげそり後にぴったりのライムの香りのシェービングフォームです。

アロマクラフトのレシピを考案する時、私はよくドラッグストアに出かけます。

市販のシャンプー、リンス、スキンクリーム、洗顔料、フォーム‥いろんな商品の成分表示を見ながら、(ふーん、こんなの入ってるんだ‥)と思いつつ、参考にしています。

香りのラインナップを見るのも参考になります。

10代のローティーン向け。

20代のOLさん向け。

30代の若い主婦向け。

40代のマダム向け。

化粧品のシリーズと同じで、しげしげと見ていると香りの「ターゲット層」というのが読み取れます。

そして、当然ながら男性向けの香りというのも存在します。

男性用化粧品はおおむね、クール!シャープ!爽快!と三拍子揃っており、非常に分かりやすいです 

何の世界でもそうなんですが、男性向けのグッズというのは女性向けの商品量と比べるとかなり小さなシェアになるのは、どうしてなんでしょうかね?

まあ、だいたい分かるようにも思いますが。。

やっぱり女性の方が購買意識がダンゼン高いから‥なんでしょうね。

そして、男性向けの香りグッズはたいてい、レモン、ライム、ペパーミント、、、なんですよね。

大手メーカーによるマーケティングの結果なのですから、やっぱり男性にはこれらの香りが好感度が高い、という事になるのでしょう。





用意するもの: カスチール石けん(カスティリア石けん) 25ml

        ペパーミント・ウォーター 25ml

 
        ライム精油 8滴

        天然保存剤(GSE) 3滴

        泡立てポンプボトル 50ml用


道具: ビーカーマドラー


作り方: 

 .スチール石けんにライム精油を入れ、よく混ぜます。

◆´,縫撻僉璽潺鵐函ΕΕーターとGSEを入れ、さらに混ぜます。

 △鯔⇔てポンプに静かに注ぎます。


使い方: 

適量をプッシュして、手のひらにとり、髭をシェービングします。

ひげそり後は、泡をぬるま湯で洗い流します。



カリ石けんには吸湿性があり、肌のうえに乗せておく間、泡が乾燥しにくいため、昔の床屋さんではカリ石けんでひげ剃りをしたのだそうです。

昔はハッカの香り入りだったようですが、今はどうなのかな。

(自分が理髪店に行かないから分からない)

ずーーっと昔、小さな子供の頃には私も近所の理髪店で髪を切ってもらっていました。

その時に、確か床屋さんで顔も剃ってもらったように記憶しているのですが。。

カスチール石けんのようなカリ石けんの泡でシェービングすると、なんとな〜く昔懐かしい記憶に戻るのはそのせいでしょうか。。

レシピにハッカ油を入れてもよいでしょうね。







ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース

 

アロマの基材で作る 石鹸シャンプー専用リンス

  • 2013.08.28 Wednesday
  • 00:50
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 アロマの基材で作る 石鹸シャンプー専用リンス 〜


カスティル石鹸でシャンプーするようになって以来、リンスも手作りするようになりました。

石鹸シャンプー用のリンスは市販品にもありますから、それを使っても良いのですが、
自分で作ってみるのもまた楽しいものです。

ポイントは石鹸で洗った髪はアルカリ性に傾いているため、リンスは酸性のもので中和させる必要があるという事。

クエン酸、お酢、レモン汁などをお湯に希釈して洗髪後の髪にかけるのは一般的な方法ですが、
私はもう少し手を加えてリンスを作っています。

石鹸洗髪後に髪がきしむのは、シャンプーのアルカリによって髪表面のキューティクルが一時的に開くからです。

それを中和させるために、酸性のリンスが必要になります。

それが石鹸シャンプーの専用リンスが必要になる理由なのです。





用意するもの : ローマンカモミール・ウォーター 30ml

          ホホバオイル 5ml

          グリセリン 5ml
    
          クエン酸 小さじ2分の1

          キサンタンガム ミクロスパーテル10杯

          グレープフルーツ精油 15滴

          シャンプー容器 50ml



道具 : ビーカーマドラーミクロスパーテル


作り方 : 

 .曠曠丱イルとグリセリンを混ぜ、精油を加えてさらに混ぜます。

◆´,箸亙未縫蹇璽泪鵐モミール・ウォーターとクエン酸を混ぜておきます。

 △縫サンタンガムを加え、よくかき混ぜ1時間ほど置いてジェル化させます。

ぁ´,鉢をよく混ぜ合わせます。


使い方 : 石鹸シャンプー後の髪に適量をなじませ、リンスとして使います。

       その後にお湯で洗い流します。

       
このレシピはお湯に希釈せず、そのままリンスとして使って最後に洗い流します。

水分と油分が2層になるため、使う時によく振ってください。

クエン酸を入れて酸性にし、アロマ・ウォーターも酸性度の高いローマンカモミール・ウォーターにしてみました。

キサンタンガムが加わることでとろみが出て、髪になじませやすいリンスが出来上がります。

ホホバオイルやグリセリンも入っているため、石鹸シャンプー特有の髪のきしみが気にならない仕上がりです。

グレープフルーツ精油には光毒性がありますが、夜シャン派なのと、洗い流して使うため、私は気にせず使っていますが、気になる方はベルガモットFCF精油などに変えてもイイでしょうね。 

精油やアロマ・ウォーターはお好みで変えてもイイですし、他基材の配合も調整してご自分のレシピを作ってみてくださいね。 








ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース






 

カスティル石けんで作るシェイキングクレンジングミルク

  • 2013.08.18 Sunday
  • 00:37
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 カスティル石けんで作るシェイキングクレンジングミルク 〜


カスティル石けんで作るクレンジングミルクのレシピです。

カスティル石けんは2〜3倍希釈にして液体洗顔ソープとして通常使用しますが、クレンジングとして使うならば、少し手を加えてみましょう。

このレシピでは、カスティル石けんにグレープシードオイルとアロマ・ウォーターを加えてミルクタイプのクレンジングに仕上げました。





用意するもの : カスティル石けん 10ml

          ローズマリー・ウォーター 10ml

          グレープシードオイル 5ml

          シャンプー容器 50ml用


道具 : ビーカーマドラー


作り方 : 

 .スティル石けんとグレープシードオイルを混ぜます。

◆´,縫蹇璽坤泪蝓次ΕΕーターを注ぎ、混ぜます。


使い方 : 

二層に分かれているので、使う時によく振ってミルク状にしてから適量を手に取り、メイク落としします。

この時、必ず乾いた手と顔の状態で使います。

専用リムーバーが必要なアイメイクなどは事前に落としておきます。

顔の上で軽く泡立てるようにやさしくマッサージすると、メイク汚れが徐々に浮いてきます。

このクレンジングレシピはナチュラルメーク、薄メーク向けですが、それでも使ってみるとかなりよく落ちる実感がします。

しっかりメイク派の方はダブルクレンジングを行ってください。

カスティルソープはオリーブ油由来のグリセリン成分をたくさん含んでいて、
お肌への負担が少ないのが特徴です。

さっぱりと洗いあがったら、指先でお肌をつついてみてください。

(あれ?なんかイイ感じかも  )







ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→


アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース












 

贅沢ローズの香り アロマ泡洗顔ソープの作り方

  • 2013.08.10 Saturday
  • 17:14
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 贅沢ローズの香り アロマ泡洗顔ソープの作り方 〜 


毎日の洗顔タイムにもアロマセラピー。

しかも、ローズ精油を使ったとっても贅沢な気分になれる洗顔フォームのレシピです。

ローズ精油にはアブソリュート(Abs)と、ローズオットーとがあるのですが、その違いは精油の抽出方法にあります。

ローズアブソリュートは溶剤抽出法、ローズオットーは水蒸気蒸留法です。

この2つは成分も香りも異なります。

セラピストのなかには石油系溶剤を使って抽出するローズアブソリュートは芳香浴だけに使用して、トリートメントには使わないという考えの方もおります。

あまり気にしない、という方もおります。

経済的なことを考えれば、アブソリュートの方が断然お得ですので、私は経済性を考えて使い分けするようにしています。

洗顔フォームの場合、基本洗い流してしまうものなので、私はアブソリュートを使います。





用意するもの: カスチール石けん 25ml

        ローズ・ウォーター 25mL

        ローズ・アブソリュート精油 3〜5滴

        天然保存剤(GSE) 4滴

        泡立てポンプボトル 50ml用


道具: ビーカーマドラー


作り方: 

 .スチール石けんにローズ精油を加え、混ぜます。

◆´,縫蹇璽此ΕΕーターとGSEを加え、さらに混ぜます。

 △鯔⇔てポンプに静かに注ぎます。


使い方: 

泡立てポンプからプッシュした洗顔フォームを手のひらに取り、やさしく洗顔します。

ぬるま湯でよく洗い流し、その後はローションなどで整肌します。


ローズ・ウォーター×ローズ精油のローズ!ローズ!の贅沢レシピです

毎日じゃないけど、たまには。。








ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース












   

カスチール石けんを使ったアロマ・キッチンソープの作り方

  • 2013.08.10 Saturday
  • 16:14

 JUGEMテーマ:アロマクラフト
ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 カスチール石けんを使ったアロマ・キッチンソープの作り方 〜


家じゅうなんでも使える便利でエコなカスチール石けん。

シャンプー、ボディシャンプー、洗顔ソープ、シェービングフォーム、ガーデン虫除けスプレー‥

などなどいろんなレシピをこのカテゴリーでご紹介していますが、このカスチール石けんは
台所洗剤としても使えるんです。

市販されている液体の台所洗剤は、大半が合成界面活性剤を使用しています。

CMされているものはもちろんのこと、エコ洗剤として売られているものも合成界面活性剤だったりすることがあり、アレレレ‥と思ってしまうことも。

合成洗剤は安いし、どこでも売っているし、CМ効果で潜在意識に刷り込まれるし‥

そして、何より、普段使っている洗浄ベースを変えるというのは、ある意味意識の大きな改革になるため、何かきっかけがないとなかなか行えないものです。

実際、今まで使い慣れた洗剤を変えるきっかけになるのは、ご自身やご家族の病気などがきっかけになる事も多いようです。







用意するもの: カスチール石けん 20ml

        水道水 80ml

        レモンオレンジグレープフルーツなどの柑橘系精油 計30滴

        泡立てポンプボトル 100ml用


道具: ビーカーマドラー


作り方: 

 .スチール石けんに精油を加え、よく混ぜます。

◆´,某綟賛紊鯑れて、さらによく混ぜます。

 △鬟曄璽爛札鵐拭爾覆匹貿笋辰討い詼⇔てポンプボトルに静かに注ぎます。


レシピは5倍希釈で作っていますが、油汚れがひどいお皿などを洗う時には3倍希釈にしても。

食器を洗うついでに手も洗えてしまうのが、カスチール石けんのいいところ。

泡切れが良く、すすぎの水も少なくて済むのもいいところ。

自然分解されるため生態系を汚すこともなく、それどころか洗剤の排水に含まれるカリウム成分が地球の循環、ポタッシウム・サーキュレーションに貢献します。

カリウムは植物にとって不可欠なものなのです。

お値段は合成洗剤に比べれば確かに高めですが、いいこともいっぱいあるんです。

私たちが出したものは、いつか必ず私たちへと戻ってくる。

エコってそういう事なんだと私は思っています。










ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→


アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース













 

カスティル石けんで作る愛犬用シャンプーのレシピ

  • 2013.08.07 Wednesday
  • 00:59
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 カスティル石けんで作る愛犬用シャンプーのレシピ 〜

犬用シャンプーはいろんなシリーズが市販されていますが、実は人間用と違って薬事法の規制を受けることのない「雑貨」なんです。

‥ということは、、シャンプーのなかにどんな成分が入っているかは飼い主がよく確認し、
吟味してあげる必要があるという事。

洗浄成分は通常、界面活性剤ですが、どんな界面活性剤か(合成界面活性剤か石けんか)?

保存剤は使われているか?どんな保存剤か?

香料は使われているか?どんな香料か?

その他添加物は?何のために添加されているか?


犬用シャンプーのことを調べれば調べるほどに、ちゃんと見てあげなくちゃという気持ちになります。

カスチール石けんはオリーブ油から作られた石けんシャンプーですから、わんちゃんにとってかなり安心安全な部類に入ります。

保存剤も添加物も入っていません。

個体差もありますし、皮膚の状態にもよりますが、最も安全なシャンプーのひとつだと言えると思います。






用意するもの: カスチール石けん (カスティリア石けん) 10ml

        お水 40ml

        ドレッシング用容器


作り方: 

カスチール石けんをお水で5倍に希釈して、ドレッシング用容器に詰めます。

ドレッシング容器はわんちゃんを洗う時に使いやすいので、私はいつもこうして使っていました。

わんこの場合、あえて精油は入れなくてもいいです。

香りをつけたい場合は、お水の代わりにアロマ・ウォーターを使うのがおススメです。

精油を使うのならば、犬種にもよりますが、子犬や小型犬の場合、体重を考えれば人間に使うよりもごくごく低濃度にしなくてはいけません。

家で飼っていたのはラブラドールレトリバーで30kgありましたし、皮膚病もなく健康でしたから、たま〜にラベンダー精油やサンダルウッド精油などを非常に薄い希釈で使うこともありました。

わんちゃんも精油の香りが好きな子とそうでない子がいますから、反応を見て使ってあげましょう。

合成界面活性剤や化学物質の添加物は経皮毒となることがあるため、皮膚病の子にはこの石けんシャンプーを試してみる価値があると思います。

合成シャンプーを使い慣れていると最初は人間と同じで切り替え時にフケが出ることもありますが、じょじょに慣れてゆくと思います。

もちろん、個体によっては合わない場合もありますから様子を見ながら使ってあげてください。

必要があれば獣医師さんにもご相談を。








ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース










 

冷やしアロマシャンプー始めました!

  • 2013.07.22 Monday
  • 22:48

 JUGEMテーマ:アロマクラフト
 ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 冷やしアロマシャンプー始めました!〜

暑い〜、最近の夏はどうしてこーあづいのか‥。

猛暑のせいで髪の毛のなかまで暑い〜。

そんな時のおススメはコレっ!

《冷やしアロマシャンプー》です!

冷やしシャンプーってご存じでしょうか?

夏限定で床屋さんがシャンプー剤を冷やすサービスをしたことから始まったみたい。

ネットで調べてみたらどうも山形県が発祥のようで。

スカッとするのが好きな男性には受けそうですね。

私も自分がすっきりしたくて作ってみました

カスチール石けんとペパーミントウォーター、ペパーミント精油を入れたクーーールなシャンプーレシピです。





用意するもの: カスチール石けん 25ml

        ペパーミント・ウォーター 25ml

        ペパーミント精油 20滴

        シャンプー容器 50ml用 1本


道具: ガラスビーカーマドラー


作り方: 

カスチール石けんにペパーミント精油を混ぜ、ペパーミント・ウォーターを注ぎます。

シャンプーボトルに入れ、冷蔵庫で冷やして、出来上がり!

ミント×ミントで超クールです。


 

注意:レシピのペパーミント精油は2%濃度で作ってあります。目に入らないように注意しましょう。ペパーミント精油は人によっては皮膚刺激を感じることがあるため濃度を下げてお使いください。



          

ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→


アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース














 

水晶みたいにクリアなクエン酸リンスの作り方

  • 2013.07.21 Sunday
  • 19:33
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 水晶みたいにクリアなクエン酸リンスの作り方 〜

カスチール石けんのシャンプーと一緒に使うためのクエン酸リンスです。

クエン酸はバスボムなどでも定番の基材で、食品としても売られています。

お掃除の世界でも重曹と一緒に大活躍。

クエン酸は柑橘類などに含まれる有機化合物の一種です。

レモンや梅干しを食べると「酸っぱ〜い」

あの成分です。

クエン酸はアロマクラフトショップやドラッグストアに白い結晶の形で売られています。

お水に溶かすと、さらさらと簡単に溶けて透明になります。

クエン酸は石けんシャンプーした後のアルカリに傾いた髪を酸性することで「中和」してくれます。

石けんシャンプーだけだと髪がきしむのは、石けんのアルカリによって髪表面のキューティクルが開いてしまうため。

クエン酸やレモン汁、お酢をシャンプー後の髪にかけてあげることで元に戻ります。

今回は保湿性を高めるためにグリセリンを入れて作ってみました。

横に置いたのは私のお気に入りの「ローズクォーツ」です。

クエン酸リンスの透明感が伝わるでしょうか。





用意するもの: クエン酸   15g

        精製水    90ml

        グリセリン  10ml

        シャンプーボトル 100ml用 

        ※ リンス時に髪質に合わせた精油3滴ほど


道具: ビーカーマドラー


作り方: 

精製水にクエン酸を混ぜ、グリセリンを入れてさらに混ぜます。


使い方: 

洗面器半分のぬるま湯にクエン酸リンスを大さじ1杯入れ、精油を3滴入れてよくかき混ぜます。

石けんシャンプー後の髪全体にかけてよくなじませます。

その後にぬるま湯で軽く洗い流します。


お酢の「リン酢」だと匂いが気になる方はこのクエン酸リンスがおススメです。






ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース

 

ふわふわ泡のカリ石けん洗顔ソープの作り方

  • 2013.07.21 Sunday
  • 14:16

 JUGEMテーマ:アロマクラフト
 ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 ふわふわ泡のカリ石けん洗顔ソープの作り方 〜

カリ石けんで作る液体洗顔ソープのアロマクラフトです。

カリ石けんはヤシ油などから作られているものが市販されていますが、ショップで扱っているのは「カスティルソープ」といって、オリーブ油から作られた液体石けんです。

カスチール石けんとも呼ばれています。

カスチールとは、スペインのカスチール地方のことで、昔のスペインの王族たちがこのカスチール石けんを使っていたことに由来しているとされます。

オリーブ油から作られた贅沢ソープです。

ヤシ油由来のものと比べると確かにお値段ちょい高めですが、泡立ちと泡切れが素晴らしく良いのです。

植物油のなかに含まれる「グリセリン」が豊富に含まれているのもカスティルソープの特徴です。

ボディから頭皮、お洗濯、食器洗い、、なんでもこれ一本でOKの優れモノです。

今回はこのカスティル石けんを使ってふわふわ泡の液体洗顔ソープを作りました。





用意するもの: カスチール石けん 15ml

    
        ティートリーレモン・ウォーター 15ml

        ローズマリーCT2精油 2滴

        サイプレス精油 2滴

        天然保存剤(グレープフルーツシード抽出物) 2滴

        泡立てポンプボトル 50ml用 1本


道具: ビーカーマドラー


作り方: 

カスチール石けんに精油を混ぜ、ティートリーレモン・ウォーターと天然保存剤を加えます。

泡立てボトルに静かに注いで出来上がり。


カスチール石けんは水分ベースで2倍〜5倍まで希釈出来ます。

特に洗顔ソープは衛生面からもいっぺんにたくさん作らず、ちょこちょここまめに作るようにしています。

きめ細かい泡がプシュッと出てきてお顔さっぱり。

オイリー肌、男性の方にもおススメです。

夏の時期のレシピですから、季節によって精油やアロマウォーターのチョイスを変えると良いでしょうね。

グレープフルーツの種子から抽出された天然保存剤は抗菌作用に優れますから、必要に応じてアロマクラフトに加えています。

カスチール石けんで洗うと皮膚のpHバランスはアルカリになりますが、健康なお肌の方ならばすぐに中和され、弱酸性に戻ります。

皮膚バランスが崩れている方にとってはつっぱる感覚があるかもしれません。

洗顔後はアロマウォーターやローションなどで適度に保湿しましょう。

カリ石けんはシンプルな基材ですからレシピは自由自在です!






ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

links

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM