受講スケジュール ホリスティックアロマアカデミー by ミセスヒロコ

 

精油とハーブのプロフィール事典

 

日本酒と芳香蒸留水のローション

  • 2017.06.12 Monday
  • 14:23

JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフト★レシピ村通信」

 

〜 日本酒と芳香蒸留水のローション 〜

 

 

日本酒が入ったローションは以前から定番のコスメです。

 

よくお酒を造る杜氏さんの手はきれい‥って言われますよね。

 

日本酒風呂という美容法もありますし。

 

なぜ日本酒がお肌に良いかといえば、他の酒類に比べてアミノ酸がたくさん含まれているからです。

 

なかでも「セリン」というアミノ酸が多く、他にもグルタミン酸、アラニン、ロイシン、アルギニンなどのアミノ酸が豊富です。

 

そして、磨き上げた米で造られた高価な大吟醸よりも純米酒の方がアミノ酸が多いため、ローション用に選ぶならば純米酒です。

 

その日本酒とアロマウォーターで化粧水を作ったら、きっとお肌にいいんだろうな‥と思って作ったレシピです。

 

 

用意するもの: ローマンカモミールウォーター 25ml

 

        ローズウォーター 20ml

 

        純米酒 5ml

 

        リポソーム 30滴

 

        ローション瓶 50ml用

 

 

道具:ビーカー、マドラー

 

 

作り方: アロマウォーター、日本酒、リポソームをビーカーに注いで混ぜます。

 

 

白濁してみえるのはお酒ではなく、大豆レシチン由来のリポソームによるものです。

 

シンプルですがお肌がもちもちするのが付けてすぐに分かる素敵なローションが出来上がりました。

 

酒類が入っているため、早めに使い切れば天然保存料は無しでも良いでしょう。

 

これまでローション用にと酒類の棚を眺めたことはあまりなかったので、どの銘柄にしようかなと真剣に悩みました。

 

いつも内用ばかりでしたからね〜(それは飲酒)

 

今回使用したのは、浜松市の銘酒「花の舞」です。

 

県外から蔵元に見える方もいるくらい、ファンの多いお酒なんですよ。

 

そして、余ったらぜひ内用にも(^^)

 



ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
暮らしに役立つハーブ☆ホームハーバリストコース

 

 

 

 

ローズウォーターと蜂蜜のローション

  • 2015.11.13 Friday
  • 14:55
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 ローズウォーターと蜂蜜のローション 〜

蜂蜜を食べきり、底にちょこっと残ったものにローズウォーターを加えて、ローションを作りました。

時々行く自家製パンのお店で見つけた蜂蜜屋さんのものは瓶も可愛らしく、中身(蜂蜜)も素朴で美味しいです。

良質な蜂蜜は最後まで使い切りたいので、こちらのレシピです。



用意するもの: 瓶に残った蜂蜜ちょこっと(量にして2mlほど)

        ローズのアロマウォーター 30ml

        リポソーム もしくは グリセリン 1ml

        ローション瓶 30ml用(移し替えて使います)


作り方: 瓶にアロマウォーターとリポソーム(もしくはグリセリン)を注ぎ、蓋をしてシェイクします。

     蜂蜜が溶けきったらローション瓶に移し替えます。


とってもシンプルで手軽なレシピです。

生活のなかの空き時間をほんの少し利用して、気軽にアロマクラフトしていただけたら嬉しい、

そんな思いを込めてご紹介しています。

これならば《作るぞ〜》と気合を入れなくても出来ますね。

惜しみなくパシャパシャっと洗顔後のお顔にたっぷり付けられます。

アロマテラピーも、アロマクラフトも、生活に密着させて使うと本当に便利ですし、考えているよりもずっと経済的です。

使いこなすことが出来るとアロマテラピーは高価‥という観念も無くなってゆきます。

瓶の底に余った蜂蜜があれば、ぜひこのローションお作りになってみてくださいね。


注意!蜂蜜は1歳以下の赤ちゃんには使用出来ません。
   育児中のお母さんも赤ちゃんが舐めるおそれがあるため、使用を避けた方が良いでしょう。





ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
暮らしに役立つハーブ☆ホームハーバリストコース

 

 



 

ローズマリーin蒸留水で作る夏のリポソームローション 

  • 2015.08.05 Wednesday
  • 15:49
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 ローズマリーin蒸留水で作る夏のリポソームローション 〜


夏は汗をかくのと、皮脂量が増えるため、肌のべたつきがどうしても気になります。

私は一日中家のなかにいるため、つい回数多く洗顔したり、シャワーを浴びてしまうので、案外肌の乾燥が気になっています。

そこへもってきて《冷房》《紫外線》‥‥‥ますます乾燥します。顔

そんな時には定番「リポソームローション」。

これをたっぷりと使えるように多めに作り置きします。

これまではアロマウォーターで作ってきたのですが、公式サイトで新規取り扱いのエッセンシャルオイルin蒸留水(アロマin蒸留水)で作ってみました。

エッセンシャルオイルin蒸留水は、アロマウォーターとは製法が異なるもので、水蒸気蒸留法による抽出ではありません。

精油そのものをピュアなお水でごく低濃度(0.01%:メーカー談)に希釈した新しいタイプの芳香蒸留水です。

面白いことに、精油は見た目完全に水分に溶けているため、どうやって作られているのかぜひ知りたいところでしたが、あいにく「企業秘密」との事。残念

私は〈アロマウォーター原理主義者笑顔〉なので、このエッセンシャルオイルin蒸留水はどうかな、、としばらく迷っていました。

そして、様々にテストしてみてアロマウォーターに次ぐ十分な価値があると感じました。

製品的にも、成分的にも安定していますし、香りは精油から抽出されているためアロマウォーターとは異なる際立ちを持っています。

ローズマリーin蒸留水ジャスミンin蒸留水ペパーミントin蒸留水ティートリーin蒸留水の4種を取扱い開始です。



用意するもの: ローズマリー蒸留水 50ml

        リポソーム 2ml

        天然保存剤 GSE(グレープフルーツシード抽出物) 5滴

        ローション瓶 50ml用


道具:ビーカーマドラー


作り方:蒸留水にリポソームを加えて混ぜ、さらに天然保存剤を加えて混ぜます。


定番のグリセリンローションも良いのですが、アロマクラフト派で未使用の方はこのリポソームぜひお試しください。

リポソームは大豆由来で水分にも油分にも溶ける扱いやすい基材です。

べたつくことなく肌に浸透する感じが心地よいです。

アロマウォーターだけ、蒸留水だけ、のローションレシピだと、肌がローション(水分)を弾いてしまいます。

でも、このリポソームが加わる事で、皮膚浸透性が高まります。

透明の蒸留水がリポソームを加える事で、ほんのわずか乳濁して見た目もキレイです。うん

洗顔後にパシャパシャと惜しみなく使います。

ローズマリーの香りと成分は良いアストリンゼントになり、爽やかにリフレッシュさせてくれます。

注意 夏のクラフト類(特に水分ベース)の保管は冷蔵庫がおススメです。





ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
暮らしに役立つハーブ☆ホームハーバリストコース



 

江戸の水 薔薇ローション「現代版・花の露」の作り方

  • 2014.07.30 Wednesday
  • 14:36
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜  江戸の水 薔薇のローション「現代版・花の露」の作り方 〜

江戸の雑誌をペラペラ眺めていたら、江戸時代の女性たちが使っていた化粧水の事が書かれていました。

へ〜面白い、と思っていろいろ調べてみたら、これが今に通ずるアロマクラフトなんですね。

へちま水とか、鶯のフンとか、お米のぬか袋というのは有名ですが、当時の江戸の化粧水はバラ水に何種類かの膏薬を混ぜて作られていたそうです。

いつの時代もキレイなお肌でいたい、というのは女性にとって変わらぬ願いみたいです。

「江戸の水」と呼ばれた化粧水は、代表的なブランドに《花の露》(粋なネーミング!)と名付けられたローションがあり、
これはイバラから抽出した芳香蒸留水に丁子、乳香、白檀などの香りをつけたものだったらしいです。

(ふーん、これなら家にあるもので似たようなのが出来そうじゃないの‥

と、思ったらすぐに作りたくなってしまいました。

当時のレシピとはもちろん分量など異なるでしょうし、そもそもバラ水自体の原料植物も違いますので、まったくの再現ではありません。

お肌力を上げるためにグリセリン、リポソームも加えた現代版《花の露》アレンジローションです。



用意するもの : ローズの芳香蒸留水 45ml

         フランキンセンス精油(乳香油) 1滴

         サンダルウッド精油(白檀油) 1滴

         リポソーム 3ml

         グリセリン 2ml

         天然保存剤(GSE) 4滴 

         ローション瓶 50ml用
 

道具 : ガラスビーカーマドラー


作り方 : 

 .螢櫂宗璽爐肇哀螢札螢鵑鮑ぜ、そこに精油を滴下し、よく混ぜます。

◆´,縫蹇璽困遼Ч畩留水、GSEを加えてさらに混ぜます。


フランキンセンス、サンダルウッドはスキンケアの定番精油ですが、一般的にクローブバッド精油は皮膚刺激性が高い事からスキンケアに使用しないため入れませんでした。

おそらく、防腐目的に当時の天然保存剤として入れていたのでしょう。

江戸時代には「蘭引き」(らんびき)という陶器製の道具を使って、イバラの花からアロマ・ウォーターを水蒸気蒸留していたそうです。

これが日本のアロマ・ウォーターの元祖になるのでしょうか。

イバラは日本のノイバラ(野茨、学名:Rosa multiflora)だったと思われます。

化粧史というのもアロマセラピーの源流とつながっていって面白いですね。

ちなみにこの江戸の水、お値段は今に換算すると3700円くらいだったとの事。

江戸っ子にとっては高かったのかなぁ‥昔の江戸のお姐さんたちはこうしたものを使ってお肌をキレイに保っていたのでしょうね。

江戸時代のローション、夏休み自由研究の課題や親子教室などでお子さんと一緒に作ってみると面白いかもしれません。






 

ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
暮らしに役立つハーブ☆ホームハーバリストコース

 

 

夏向きハニーマートル・ウォーターのイエロークレイローション

  • 2014.06.18 Wednesday
  • 19:58
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 夏向きハニーマートル・ウォーターのイエロークレイローション 〜

アロマセラピーの基材にも季節があり、夏近くなるとアロマ・ウォーターを使ったクラフトの人気が高まります。

公式ショップサイトに新入荷の季節限定品の有機栽培のハニーマートル・ウォーターはハニーマートルの葉から抽出されたものです。

ハニーマートルというとレッドマートル精油やレモンマートル精油に近いものかと連想しますが、学名を見るとティートリーの仲間(Melaleuca Teretifolia)だという事が分かります。

植物学名は新しい精油や基材を使用する時の指標になるので必ずチェックし、そこから植物のプロフィールをたどるようにしています。

すると、どんな性質をしているかが想像出来、使用のイメージが湧いてきます。

市販のハニーマートル精油にはゲラニアールやネラールなどの抗菌成分が多く含まれています。

このハニーマートルのアロマウォーターにイエロークレイを入れて、ついでにリポソームとハチミツも入れて夏向きローションを作ってみました。

ハチミツそのものに天然の抗菌作用があるため、天然保存剤(GSE)はナシにしました。

ハニーマートル、というだけあって、ハニー(ハチミツ)との相性もぴったりです。ハチミツ



用意するもの: ハニーマートルのアロマ・ウォーター 50ml

        ハチミツ 1ml

        リポソーム 0.5ml

        イエロークレイ ミクロスパーテル 山盛り2杯

        ローション瓶 50ml用  ※クレイローションの場合はシャンプー容器のような穴の大きいものが便利です。


道具: 50mlガラスビーカーコスメスプーンミクロスパーテル


作り方:アロマ・ウォーターにコスメスプーンで計量したハチミツ、リポソーム、イエロークレイを入れてよく混ぜます。


さっぱりとしたスキンケアで梅雨の季節も爽やかになります。

季節限定品のアロマ・ウォーターですので、ぴんと来た方のお手元で使っていただけると嬉しく思います。:)

ハニーマートル・ウォーターはローズ・ウォーターやネロリ・ウォーターのような《華》こそありませんが、抗菌、抗真菌作用は抜群です。

ニキビ肌、オイリー肌に適しており、クレイとも相性ヨシで今回のようなクレイローションやクレイペーストを溶くのにも向いています。

グリーンクレイやイエロークレイとともに背中ニキビのパックにも大変良いです。







ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
暮らしに役立つハーブ☆ホームハーバリストコース



 

アロマ・ウォーターとリポソームのローションパック

  • 2014.05.27 Tuesday
  • 15:30
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村」

〜 アロマ・ウォーターとリポソームのローションパック 〜

マスクシートのローションパックは今やコンビニでもどこでも手に入る便利なスキンケアグッズです。

ローションが沁みてるタイプのものは便利なのですが、残念ながらなかなかナチュラル素材のものは売られていません。。

コットンマスクシートがあればローションパックを手作りする事が出来ます。

マスクシートそのものはエステ用のものや、ドラッグストアなどで売っているものを使う事が出来ます。

小さく圧縮されていて、水分ベースに浸すと膨らんでマスクシートになるものもあります。

ほんのひと手間かけるだけで、アロマサロンのフェイシャルパックのような心地よさが満喫できます。

もちろん、このレシピはアロマサロンでのフェイシャルメニューにも加える事が出来ます。

とっても贅沢ですが、クレイパックの上から行うとかなりスペシャルなケアになります。キラキラ

普段のお手入れだけでなく、お肌レスキューの場合にも使用出来ます。



用意するもの: ネロリ・ウォーター 12ml

        リポソーム 2ml 

        ビタミンE 1滴 ※ミニスポイトで滴下します。

        ※ドライ肌用ブレンド精油 1滴 (敏感肌の方はナシで)

        コットンマスクシート 1枚 ※ネックシートをプラスしても。


道具: プラビーカーミニスポイトガラスボウルマドラー


作り方: 

 .螢櫂宗璽燹▲咼織潺Eを混ぜ精油を滴下し、マドラーでよく混ぜます。

◆´,縫優蹈蝓ΕΕーターを注ぎ、さらによく混ぜます。

 △縫泪好シートを浸します。シート全体がムラなく浸ったら、軽〜く絞ってお顔に乗せます。


そのまま15分くらいローションパックし、時々手のひらで軽く押さえるようにしたり、ローションパックの上からパームパック(手のひらパック)を行うと成分の浸透性が高まります。

目の周りなどの乾燥が気になるところは、指先でそっと押さえながら念入りにパックしましょう。おすまし

マスクがだいぶ乾いてきたらそっと剥がします。

絞った時に余ったローションはデコルテやネック部分にパッティングすると無駄がありません。

お休み前や休日の昼間などの時間のある時に、のんびり行ってみましょう。

乾燥肌の方は週1回を目安に、ノーマル肌の方はひと月に2回くらい行えると理想的です。

リポソームの球状分子が皮膚の細胞膜を通じて皮膚の奥まで長時間持続しながら有用成分を浸透させてくれます。

市販では得られない手作りのマスクパックでナチュラルなスキンケアタイムをお楽しみください。






ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
暮らしに役立つハーブ☆ホームハーバリストコース


 

アロマウォーターで作るキッズフレグランス

  • 2014.05.18 Sunday
  • 20:25
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 アロマウォーターで作るキッズフレグランス 〜

昨年6月よりアロマクラフト・インストラクターコースが始まり、このレシピ村をオープンしてからというもの、暇さえあればコースやレシピのヒントになる「可愛いもの探し」をしています。

可愛いもの、プチなもの、ラブリーなもの、キュートなもの‥

街の雑貨屋さん、インテリアショップ、手芸やさん、輸入食品のお店‥

出かけるたびに(可愛いものはないかな??)と、キョロキョロしながら過ごしています。

可愛いものはインナーチャイルドが喜びますし、可愛いものはそれそのものが《癒し》の波動を持っているため、可愛いものは永遠のヒーリングなんだと感じています。

今回のは手芸やさんで見つけた「くまのがっこう」という名前のついたタグ、チョー可愛いです。

私のインナーチャイルドも大喜びです。

これを手作りのキッズフレグランスのスプレーにリボンを結んでつけたら‥クマ



用意するもの: ネロリウォーター 20ml

        ラベンダーウォーター 10ml

        ローマンカモミールウォーター 10ml

        ローズウォーター 8ml

        ネロリ精油 4滴 

        ラベンダー・アルパインワイルド精油 3滴

        スイートオレンジ精油 3滴

        カモミール・ローマン精油 2滴

        ローズウッド精油 2滴

        レモンマートル精油 2滴

        グリセリンもしくはリキッド・エマルジョン 2ml 

        50ml用スプレー瓶


道具: ビーカーマドラープラビーカー


作り方:

 .哀螢札螢鵝覆發靴はリキッド・エマルジョン)に精油すべてを滴下し、よく混ぜ合わせます。

◆´,縫▲蹈泪Εーターを入れ、混ぜ合わせます。

 △鬟好廛譟蕊咾貌れます。使用する時には軽く振ってください。

グリセリンとリキッド・エマルジョンの精油の溶解性を比較した場合、リキッド・エマルジョンの方が乳化力は高いです。

2つの基材に精油を入れて乳化力を比べてみるとよく分かります。

ベビー用、キッズ用フレグランスは香水の世界では「オーデサントゥール」と呼ばれ、アルコールフリーで作られています。

オーデサントゥールの賦香率(精油濃度)は1〜3%が目安です。

エタノールが苦手な方、敏感肌の方にもおススメのコロンです。

乳幼児には直接つけずに、タオルやリネン類に軽くスプレーして使用します。

禁忌の少ないアロマウォーターとやさしめ精油で作った、ツンとしないとっても柔らかな香りのコロンです。





ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
暮らしに役立つハーブ☆ホームハーバリストコース



 

アロマウォーターで作るリポソームとハチミツのローション

  • 2014.04.25 Friday
  • 18:01
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 アロマウォーターで作るリポソームとハチミツのローション 〜

リポソームはアロマクラフトに詳しい方や手作りコスメ上級クラスの方がよくご存じで使われる基材です。

アロマクラフト初心者さんにとっては、おそらく《どうやって使うのかな??》と思われるのではないでしょうか。

リポソームは大豆レシチンから作られていて、ヒトの細胞膜を作っている「リン脂質」と同じ構造をしています。

セラピストコースなどで解剖学を学んだ方は「細胞膜はリン脂質の二重の膜に包まれ‥」というくだりを思い出されるかもしれませんね。

大豆レシチンはフィトリポソーム(植物性リポソーム)という形で、私たちの皮膚細胞に浸透し、保護を行ってくれます。

親油性と親水性を併せ持つため、オイル、クリーム、ジェル、水分ベースとすべてに加えることが出来、乳化剤として働いてもくれます。

リポソームはローションのような水分ベースに入れるとエマルション(乳化)して、やや白濁します。




用意するもの: アロマ・ウォーター 30ml 
                       ※ウィッチヘーゼル以外のウォーターを肌質に合わせて選択。

        リポソーム 1ml

        ハチミツ 小さじ2分の1

        ※肌質に合った精油 3滴まで

        30ml用ローション瓶 
                       ※写真は中身が見えるよう透明のボトル(無印)に入れています。


道具: ビーカーマドラープラビーカー、計量スプーン


作り方:

 .魯船潺弔肇螢櫂宗璽爐鮑ぜて精油を加え、よく混ぜます。

◆´,縫▲蹈沺ΕΕーターを注いで、さらに混ぜます。


天然保存剤は天然の抗菌剤であるハチミツが入っているため無しでも可です。

通常の化粧水と同じ使い方で洗顔後にお肌に付けます。

乳化剤(界面活性剤)として使えるのがリポソームのエライところです。

アロマコスメ定番中の定番である「アロマ・ウォーター+グリセリン」の化粧ローションのアップグレード版として、このような基材もおススメです。

このローションを使うとお肌がもちもちするので、思わず自分のほっぺたをつつきたくなります。ゆう★





 

ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
暮らしに役立つハーブ☆ホームハーバリストコース

 

 


 

マヌカ・ハニーとアロマ・ウォーターで作るうがい液

  • 2014.02.08 Saturday
  • 16:28
JUGEMテーマ:ハーブレシピ
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 マヌカ・ハニーとアロマ・ウォーターで作るうがい液 〜

インフルエンザや風邪、ノロウイルスが流行っているこの時期には手洗いとうがいがマストです。

私は市販のうがい液が口に合わないため、普段は自分で作ったアロママウスウォッシュを使っています。

マヌカ・ハニーは抗菌・抗ウイルス作用があるため、食べるのはもちろん、うがい液としても利用出来ます。

健康食品であるマヌカ・ハニーには免疫力を高め、炎症を抑える働きがあると言われています。

商品ラベルにUMF、MGOという表示がされているのはマヌカ・ハニーの抗菌性の基準を表すもので、

UMFならば+15以上、MGOならば+250以上だと抗菌作用が発揮されるとの事。

だから数値が大きくなればなるほど抗菌力が上がりますが、お値段もそのぶん上がります。

でもやっぱり抗菌作用の大きいものの方が良いでしょうね。



用意するもの: マヌカ・ハニー(上記表示のあるもの) 小さじ1杯

        ミネラルウォーター 400ml

        ティートリーレモン・ウォーター 100ml

        ※大人用には精油を入れても。合計で5〜10滴くらい。

        例:ティートリー精油マヌカ精油レモン精油クローブバッド精油ユーカリ精油タイム精油など。

        空きPETボトル 500ml用


道具: 計量スプーン、マドラー


作り方:  、╂彩を加える場合はマヌカ・ハニーに滴下し、マドラーでよく混ぜます。

     ◆´,寮彩入りマヌカ・ハニーをミネラルウォーターの入ったペットボトルに入れます。

      アロマ・ウォーターを注いで蓋をし、ボトルをよく振って混ぜます。


使い方: そのままコップに注いで1日に数回、感染の予防としてうがいします。


お子さんの使用は口がすすげる年齢から。飲み込まないよう注意しましょう。

ほんのりと甘味があり、マヌカ特有の薬のような香りも気になりません。

精油を入れればさらに抗菌性がアップします。

このうがい液は冷蔵庫に保存し、1〜2日くらいで使い切るようにします。

そして、このマヌカ・ハニーとアロマウォーターで作った希釈水は小さな火傷や傷口を洗うのにも適しています。

感染予防に、消毒の補助として、ご家庭でのケアにお役立てください。




 

ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
暮らしに役立つハーブ☆ホームハーバリストコース



 

芳香蒸留水で作るハチミツローション

  • 2014.01.31 Friday
  • 10:55
JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフトレシピ村通信」

〜 芳香蒸留水で作るハチミツローション 〜 

身近なハチミツはアロマクラフトの基材になります。

クレオパトラの昔から美容に使われてきた基材でお肌への浸透性、保水性、保湿性があります。

蜂蜜そのもの自体が腐ることのない物質で殺菌性があるため、このローションには天然保存剤などを入れずに作ります。

ミツロウと並んで第9章のアロマクラフト・インストラクターコースでご紹介しています。

今日のレシピ成分は芳香蒸留水(アロマ・ウォーター)、ハチミツ、グリセリンだけのシンプルスキンケアローションです。

芳香蒸留水は肌質に合わせたものをお選びください。

ローズ・ウォーター: すべての肌質。特に乾燥肌、成熟肌に。

ネロリ・ウォーター:すべての肌質。敏感肌にも。

カモミールローマン・ウォーター:すべての肌質。特に荒れたお肌、敏感肌、日焼け肌に。

カモミール・ジャーマンウォーター:すべての肌質。特に敏感肌、トラブル肌、日焼け肌に。

ローズマリー・ウォーター:脂性肌、ニキビ肌、成熟肌に。

ティートリーレモン・ウォーター:脂性肌、ニキビ肌に。

ラベンダー・トゥルー・ウォーター: すべての肌質。特に日焼け肌、敏感肌に。

ペパーミント・ウォーター:ニキビ肌、脂性肌に。





用意するもの: アロマ・ウォーター 50ml

        ハチミツ 小さじ4分の1

        グリセリン 小さじ4分の1

        ※ お好みで肌質に合わせた精油 2滴を加えても。

              ローション瓶 50ml用 

道具: ビーカーマドラー


作り方: 

ローション瓶にグリセリン、ハチミツ、アロマ・ウォーターを加えてよく振り混ぜます。

精油を入れる場合はグリセリンとハチミツを合わせたものに精油を混ぜてからアロマ・ウォーターを加えます。

夏は冷蔵庫に入れて、2〜3週間以内に早めに使い切りましょう。

ハチミツはハチミツ100%のものを選びます。抗菌性の高いマヌカハニーを使用する事も出来ます。

使い方は通常のローションと一緒です。コットンマスクに浸してローションパックにするのもイイですね。

私も今これを使っているのですが、お肌はとてもイイ感じです。きらきら



注意! ハチミツにアレルギーのある方は使用を避けてください。1才以下の赤ちゃんに使用しないのはもちろんのこと、授乳中のお母さんの使用も避けた方が万全です。




 

ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
暮らしに役立つハーブ☆ホームハーバリストコース

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

links

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM