受講スケジュール ホリスティックアロマアカデミー by ミセスヒロコ

 

精油とハーブのプロフィール事典

 

アロマテラピーで作るホルモンクリーム 

  • 2017.12.18 Monday
  • 20:25

JUGEMテーマ:アロマクラフト

ミセス・ヒロコの「アロマクラフト★レシピ村通信」

 

〜 アロマテラピーで作るホルモンクリーム 〜

 

 

この時期とってもお肌が乾燥しますね。

 

若い頃はオイリー肌だったせいか、実はそれほど乾燥が気にならないま年を重ねてきましたが、ついにやってきました!という感じでここ2〜3年は激しい乾燥に襲われています。

 

フェイシャルなどで(クリームを塗っても塗っても乾燥するんです)という方のお気持ちが本当に分かるようになりました。

 

悲しいかな年齢とともに解剖学や皮膚美容学のテキスト通りのことが我が身にも進行しているわけです。

 

女性ホルモン‥エストロゲンかぁ‥‥‥(遠い目)

 

そんな時、ドラッグストアで「ホルモンクリーム」という商品を見かけました。

 

おお!ホルモンクリーム!?という気持ちで手に取ると、そこには『女性ホルモン(エチニルエストラジオール:保湿成分)を配合した弱油性保湿クリーム‥さっぱりとした感触で肌あれからお肌を守り、ハリのある生き生きとした状態にします‥』と書かれているではありませんか。

 

どうも市販コスメに疎いせいかホルモンクリームのことを知らなかったのですが、昭和10年から出ているそうですから歴史を感じます。。

 

そうか、、女性ホルモン入りクリーム、それなら似た感じのものが作れるかも、、という事で早速作ってみました。

 

 

用意するもの:クリームベース 30g

 

       アルガンオイル 5ml

 

       センテラオイル 10ml

 

       リポソーム 2ml

 

       クラリセージ精油 3滴

 

       ローズ・アブソリュート精油 1滴

 

       ゼラニウムブルボン精油 1滴

 

       キャロットオイルホホバ 10滴

 

       クリーム容器 50ml用

 

 

道具:スパチュラ

 

 

作り方:クリームを容器に入れて、オイル、リポソーム、精油を加えてスパチュラでよく混ぜます。

 

 

ところで、このクリームのどのあたりがホルモン?と思われたかもしれませんね。

 

実はクラリセージ精油には女性ホルモン(エストロゲン)様成分のジテルペンという成分が含まれています。

 

精油の「ホルモン様(よう)」とはホルモンに似た作用をする、という意味になります。

 

その他にもローズやゼラニウム精油には女性ホルモンの調整作用があります。

 

これらの精油の香りとともにお肌に良いキャロットオイルや基材類もいくつか入れてみました。

 

ホルモンクリーム様(さま)が効いてくれますように。。

 

 

 

注意! エストロゲン様作用のある精油はエストロゲン依存疾患(子宮筋腫、子宮がん、乳がんなど)の方には禁忌です。ホルモンクリームに含まれているエチニルエストラジオールは日本薬局方で定められている成分ですが、使用に関してはいくつかの禁忌がありますから、お確かめのうえでご使用ください。

 

 

 

 

 

 

ミセス・ヒロコ・アロマショップへ戻る→

 

 日本アロマゲートウェイ協会の資格取得はこちら

精油の響きを学ぶ、ホリスティック・アロマプラクティショナーコース
アロマクラフト教室が開ける☆アロマクラフト・インストラクターコース
暮らしに役立つハーブ☆ホームハーバリストコース

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

links

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM